筋トレ×ナンパ論

筋トレ関連情報とモテるための極意を紹介する総合メディア

筋トレに手袋(グローブ)がおすすめな理由!その効果について

ジム通いが定着し、ある程度トレーニングも板についてきた皆さんであれば、そろそろ気になるアイテムがあることでしょう。

http://4.bp.blogspot.com/-cmyGxJyfgO0/UZx0dklSbvI/AAAAAAAAhSU/xrOXaEEUbeg/s1600/Harbingerトレーニンググローブ.jpg

筋トレ用の手袋(グローブ)です。

 

この手袋、なんだかそこそこマッチョな人はよくつけてるイメージだけど、実際のどんな効果があるの?と疑問に思う方も多いと思います。

 

今回は筋トレ時に手袋をつけた方が良い理由であったり、効果についてご紹介します。

もう手袋なしでは筋トレできない!ってなっても責任はとらないぞ。

 

そもそも筋トレ用手袋とは

 

http://image.rakuten.co.jp/bodymaker/cabinet/detail/t/tg095_05.jpg

トレーニンググローブは筋トレ中に着用するアイテムです。

まぁ、言わなくても想像つくと思いますが、例えばベンチプレス等のフリーウェイトトレーニングを行う際に、よく使用されます。

 

基本的には手袋型ですが、デットリフト等を行う際に、握力に頼らず背中の筋肉を最大限発揮させるために、バーにグローブの一部を引っ掛けることができるタイプのグローブなんかもあります。 いわゆるパワーグリップですね。

 

手袋をした方が良い理由と効果

さて、そんなトレーニンググローブですが、着用するとどんな効果があるのでしょう。

以下のとおりまとめてみました。

 

グリップが安定する

一生懸命ワークアウトに励んでいると、手が汗まみれになり、バーを持った際に滑ることがあると思います。せっかく死に物狂いでデッドリフトやプル系の種目を行っているに、こうなると非常に厄介ですよね。

 

また厄介なだけでなく、滑るということは場合によってはそれだけ自分の体に重たいウェイトが滑り落ちてくるというリスクにもなります。

 

トレーニンググローブを着用することで、汗をどんなにかいてもグリップが安定するとともに、それがトレーニングの安全性を高めてくれるのです。

 

手のひらのマメを防止してくれる

長期間、繰り返し重たいバーベルを扱っていると、手のひらにマメができちゃうと思います。

悪化して水疱とかになっちゃうと、そもそもバーを持てなくなっちゃうので、元の子もありません。

トレーニンググローブを着用すれば言わずもがな、マメ知らずでハードなトレーニングを行うことができますよ。

 

ただ、個人的にはマメでゴツゴツしている手の方が、勲章みたいで好きなのは秘密やで。

 

扱うウェイト重量が上がる

トレーニンググロープは手のひらに直接かかる、ウェイトの負荷を緩和してくれます。

結果、ベンチプレスであれ、デッドリフトであれ、扱うウェイトの重量が増えたり、それまでギリギリで5REPくらいしかできなかったものが、余裕で10REPできるようになるといった効果が見込めます。

 

あなたの筋肉の可能性を、最大限高めてくれるわけですね。

 

手首を守ってくれる

種類によりけりではありますが、トレーニンググローブは手首のあたりまで覆うタイプが多いです。

負荷が大きくなればなるほど、手首への負担は想像以上になります。

 

手首は怪我リスクが非常に高い部位です。

なぜならば、手首の太さ・丈夫さは筋トレ次第でどうにかなる部分が少なく、どちらかというと元々の骨格がどうであるかに依存しているから。

 

着用するとわかるかとは思いますが、トレーニンググローブをするとそんな手首が守られている感が半端ないです。

ジムでの無用な怪我を、防いでくれるわけですね。

 

実際に使ってみた 

初めからそんな高いのは買いたくないので、今回こちらを選んでみました。

なかなかのお値打ち価格だと思います。

その割にクオリティは高い。

 

感想は以下のとおり。

手が全然痛くない

当たり前なんですけど笑。

特にダンベルプレスとかは強く実感しました。

今言ってるジムのダンベルが良くないだけなのかもしれないですが、けっこう持ち手がギザギザしていて、痛かったんですよね。

 

それがグローブつけていると全然痛くない。

マメの心配もありません。

 

グリップ◎重量とREP数アップ

ベンチプレスの重量とREP数が微増しました。手首もわりとしっかり固定されるので、安定感が増すのかな?

結果、本来狙いたい胸の筋肉にしっかり入りますし、トレーニングの質の向上という意味でやっぱりグローブ大事かも、と感じました。

 

どうせジム行くなら、毎回毎回最高のパフォーマンスを発揮したいですからね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必ず必要なものではないですがまぁ、一個くらい持っててもいいのかなと感じてます。

 

色々な感想が載っているので、amazonレビューもご参考に。