筋トレ×ナンパ論

筋トレとナンパの総合情報メディア

筋トレの効果はいつごろ出るのか。筋トレの効果が出るまでの期間

忙しい日々合間に、頑張ってコンスタントにジムに行っているのになかなか効果がでない...。もどかしいですよね。安心してください、筋トレと筋肉はあなたを決して裏切りません。正しく行えば、必ず相応の成果が出る。それが筋トレなのです。

 

じゃあいつごろその成果は出るのか。今回はそんなお話です。

 

前提

必ず効果はある、とはいえ筋トレの効果はトレーニング内容(時間・種目など)、遺伝的な体質、スポーツの経験値、食生活など、様々な要素によって人それぞれ異なります。まぁこれは当然ですよね。黒人はその他の人種に比べ、同強度のトレーニングを行っても跳ね返り(筋肥大)が非常に大きいとされています。

 

そのため、今回紹介するのはあくまでも「一般的な目安である」ということをご認識ください。

 

開始から1~2ヶ月

筋トレを始めて間もないときは比較的効果が出やすく、約1~2ヶ月で筋力は向上していきます。しかし見た目の変化はほとんどなく裸になって鏡を見れば、うっすら影が出ている...といった程度ですが、プロ選手が行うような筋トレを行わなくても、真剣に取り組めば効果を実感できるでしょう。

 

逆にこれくらいの時間が経過しているにも関わらず、変化を実感できない方がいれば、明らかにトレーニングの強度が足りておらず、内容を見直す必要があります。

 

この期間はまさに土台形成期間。コツコツ取り組み、理想の体へなるためのベースを作りましょう。

 

開始から2~3ヶ月

見た目がまた少し変わってきます。大きい部位の筋肉は顕著に効果が目に見えてくるはずです。育ちだした大胸筋をついつい力を入れてさわってしまいます。

変化が見えだしてきて、筋トレが楽しくて仕方なくなる時期です。

 

 

開始から6ヶ月~1年

友人や会社の周りの人に気づかれる程度に体が変化します。薄着であれば、外見からもトレーニングをしていることがわかるレベルです。もし冬であればTシャツを早く着たくてムズムズする時期ですね。

 

言わずもがな本当のいわゆるマッチョになるためには最低でも1年以上の時間は正直必要です。加えて食事や普段の生活も、「筋肉ファースト」を意識していかなければなりません。

 

ただ逆にいうと1年かければ、肉体は大きな変貌をとげ、人生をガラリと変えることができるのです。

 

必ず訪れる停滞気

上記のとおり、だいたい3ヶ月もあればある程度の効果は実感できます。

しかしこの頃を境に思うように筋肉が大きくならない停滞気が必ず訪れます。これは、肉体がトレーニングに慣れてしまってきている為なのです。

 

精神的にも辛くなりますが、まさにピンチはチャンス、自分をもうひとつ上のステージへ押し上げる絶好の機会ととらえましょう。トレーニング種目を追加したり、ウェイトを増やしたり、新たな刺激を取り入れる工夫が重要となります。

 

あとはやっぱり食事

常々周りには言いふらしているのですがボディメイクは筋トレ3割、食事が7割です。スピード感早くマッチョになりたい場合には、とにかく食べることが大事です。

もちろんPFCバランスをしっかりと意識しながらですけどね。

 

どれだけ大きくなりたくてハードにトレーニングをしても、消費カロリーを摂取カロリーが越えなくては大きくなれませんし、逆にどれだけ痩せたくても消費カロリーを摂取カロリーが上回れば減量は困難なのです。

 

最短の時間で、筋トレの効果を得るために、重要なのは正しい知識です。

トレーニングと同じくらい、たくさん勉強して、マッチョになりましょう。