筋トレ×ナンパ論

筋トレとナンパの総合情報メディア

クレアチンとは?その副作用について

筋肉ファーストの会に所属し、日夜トレーニングに励み、徹底的な食事管理を行っている皆さまであれば、当然このサプリの存在を知っていることでしょう。

 

そうです。クレアチンです。

 

トレーニーのみならず、世界の第一線で活躍しているアスリートも普通に使用していますし、高い効果を実感できることから既に飲んでいる方も多いと思います。

 

ほんと、魔法のお薬だと思ってます。

 

今回はこのクレアチンの効果を改めておさらいするとともに、気になる副作用があるのかどうかについて、ご紹介します。

 

そもそもクレアチンとは?

クレアチンの副作用についてお話する前に、簡単にクレアチンそのものについてご紹介したいと思います。

 

そもそもクレアチンとは筋肉中に保存されているアミノ酸の一種です。

そんなん知らんがなという感じでしょうけども。

 

摂取すると、高負荷でトレーニングを行うときに、エネルギーとして消費されます。

 

つまり、そんなクレアチンを飲むことで、通常時よりもREP数が上がったり、今まで上げることができなかったような重量を上げることができるようになるんです。簡単にいうと。

 

(今回はふわっと簡単にお伝えしてますが、クレアチンを摂取することで、体内にどんな変化が生じるのか、本質を知ることはとても重要です。気になる人はググってみてください。)

 

クレアチンは、動物性タンパク質にも含まれているのですが、食事では少量しか摂取できません。5gのクレアチンをとるためには、数キロ単位の肉を食べる必要があります。

 

だからこそ、効率よく摂取できるサプリメントとしてのクレアチンが大人気なわけです。

 

クレアチンに副作用はある?

飲むだけで、自分の筋肉のパワーが最大化する。。魔法のようなサプリ、クレアチンですが、副作用はあるのでしょうか。

 

結論から言うと、副作用はありません。(と、僕は考えています)

 

クレアチンは、世界で最も研究されているサプリメントと言われています。そして、クレアチンが害であるとする公式の研究結果は今まで一度たりとも世に出たことはないのです。

 

多くの研究者がクレアチンは安全であるとし、だからこそ多くのトレーニー、アスリートたちに愛飲されているものと考えます。

 

ただ、逸話として腎臓へのダメージや筋肉の痙攣、脱水症状などなどの悪影響が報告されてるのも事実っちゃ事実です。が、あくまで逸話です。これポイント。

 

そういう意味では、健康状態であること、かつ腎臓に持病をもっていないような状態で、クレアチンを飲む方がいいのかもしれませんね。 

 

 

クレアチンを飲んでみた

さて、増量期は特に飲んでませんが、クレアチンを飲んだ感想は以下のとおりです。

 

◇まずはローディング

クレアチンは面白くて、すぐに効果が出るわけではなく、体内に蓄積させていき、体内クレアチンレベルをMAXにすることで威力を発揮するものとなります。

 

個人差はありますが、一日5gを一ヶ月継続することで、体内クレアチンレベルがMAXになると言われています。

 

もっと早く効果を出したい、という場合にはローディングをします。

 

これは体内クレアチンレベルを早期に引き上げるため、最初の5日間はクレアチンを一日20g摂取するというものです。

一気に20gはダメです。5g×4回等がいいでしょう。

 

そこまで危機迫るものがない場合には、一日5gでも十分という気がします。

 

◇上がるウェイト

さて、体内クレアチンレベルをMAXにすると、たしかにパフォーマンスは変わります。自分はウェイトの重さ自体が上がった、というよりは、REP数の伸びの方を実感できました。

 

今までは上がりきらなかった最終セットが、いけるのです。

追い込み度合いが上がるので、これは嬉しかったです。

 

◇ハリが出る

見た目も変わります。クレアチンは筋肉中に水分を溜め込む性質があるので、全体的にでかくなります。けどちょっと顔もむくみます。

 

 

いかがでしたでしょうか。トライしたことない方、もうひとつ上のランクへ到達したいと目論んでいる方は、一度試してみる価値は、大いにあると思いますよ。