筋トレ×ナンパ論

筋トレとナンパの総合情報メディア

タップル誕生をやってみた感想まとめ。そこに出会いはあるのか

基本的に僕はマッチングアプリはやらない。

それはきっとポリシーみたいなものだ。

 

だが、最近忙しく街に出撃できない日々が続いた。

そうすると、手持ちの案件は自ずと減ってくる。

 

そうなると、以下のような状態になる。

(拾い物だが、よくできた画像である。そしてわかりみが深い自分もやばいと思う)

 

まさに上記画像で言う、女が切れた、女がもういない状態である。

これは、由々しき事態だ。

 

というわけで、禁忌を犯すことにした。

マッチングアプリのインストールである。

なんでもよかったけど、よく広告の女の子が可愛かったのでタップル誕生、君に決めた。

 

今回は、やってみた感想を書きなぐりたいと思う。

参考になるものがあれば、ありがたい。

 

すぐに課金?ちょっと待って!

タップル誕生は無料で女性とメッセージをやりとりすることはできない。

何かを得ようとするには、対価をが必要なのである。この世の常だ。

 

タップル誕生には「いいかも」というシステムがある。

このいいかもに対し、「ありがとう」と返すと晴れてマッチング成立、メッセージができる状態になるわけだ。

 

逆も然り。メンズのほうから「いいかも」をし、女性が「ありがとう」をしてくれるとマッチング成立。「イマイチ」を選択されるとメンズの「いいかも」は漆黒の闇に葬られる。

 

タップル誕生に登録した直後は、この「いいかも」が鬼のようにくる。

誇張ではない。

(よほど登録した写真がひどくなければ)それはもうびっくりするくらい、色々な女性からいいかもがくる。

 

この思いもよらないモテ期到来に、僕の心は踊った。

 

しかし、お察しの通りこれはタップル誕生のしたたかな戦略である。

めちゃくちゃいいかもきてめちゃくちゃマッチングする。

そうなるとメッセージしたくなるのがメンズだ。

 

よく考えてみると、タップル誕生サイドとしても、アプリをダウンロードされただけではなんの利益にもならない。

 

彼らはいかにかよわいメンズユーザーたちに課金させるか、必死なわけだ。

おそらく登録直後は、めちゃくちゃ女性に優先表示させている。

だから、いいかもがたくさんくる。

 

まんまと踊らされた僕はマッチングの山を築き上げ、我慢できずに課金してしまった。

あと1周間くらい待てば、手持ちはどうなっていただろうと考えると、胸が苦しい。

 

だから、登録したあとは、メッセージをしたいがために課金するのをグッとこらえて、マッチングをためてから課金した方がいい。

 

カテゴリを制するものはタップルを制す

タップル誕生にはカテゴリと呼ばれるシステムがある。

「オシャレ好き」「お酒を飲みながら」「家でまったり派」などなど多種多様だ。

 

自分の好きなカテゴリに入り、そこで女性を探して、いいかもするわけだ。

 

ここで気づいた人は天才だ。

 

そう、カテゴリの男女比がめちゃくちゃ重要なのだ。

 

例えば「格闘技好き」というカテゴリがあるが、きっとここが男が多いだろう。

仮に、割合的に一人の女性に対し100人がいればどうだろう。

あなたがいいかもしたとて、そもそもその女性にいいかもが表示されるまでに100人待ちなんてことが平気で起こりうるのである。

 

なので、一旦自分の趣味嗜好は無視して女性比率が高そうなカテゴリを狙おう。

 

ちなみに僕がここは行けると感じているのは

 

「スイーツ好き男女」

 

である。

 

女子は可もなく不可もなく

次は、タップル誕生に存在する女子に関してである。

 

正直、可もなく不可もなくといった感じだ。

たまにめちゃくちゃ可愛い子がいるし、とんでもないのもたまにいる。

 

少なくとも全然良い子がいないというわけではない。

見るからに普通の子が、普通にタップルをやっていたりする。

すごい世の中になったもんだね。

 

しかし、レッドオーシャンか

めちゃくちゃ美人とマッチングして、電話する機会があった。

そこで聞いた話に、僕は驚愕した。

 

なんと一日に900くらいいいかもがきて、現状溜まっているいいかもが9,500くらいあるというのだ。

 

需要がインフレしている。

マッチングアプリの悲しいリアルだ。

 

だけど全くマッチングしないというわけではないので安心してほしい。

もちろん、自分が狙うめちゃくちゃ可愛い子とマッチングするとなると、可能性は高くないとは思うが。

 

このレッドオーシャンを制する鍵となるのは、やはりプロフィール写真なんだろう。

結局顔かよと思ったあなた。うぬぼれるでない。マッチングアプリなんて所詮は顔なのである。

現実を、受け止めよう。

 

タップル誕生は出会える

さて、そんな感じでマッチングし、メッセージのやり取りが始まる。

少なくとも女性側もいいかもと思っているため、日頃ナンパでメッセージスキルを磨いた皆さんであれば、アポを組むなんて造作もないはずだ。

 

ストやクラブでLINE交換だけした子だと思えばいい。

だから、本気でやり取りをやりこめばめちゃくちゃ出会えると思う。

ここは素直にいいところ。

 

僕も1ヶ月くらいで3人アポって3人抱いた。

 

でも、虚無感

そんなわけで、案件もだいぶ増え、冒頭のような状況から見事脱したわけだが、やっぱりマッチングアプリは微妙というのが最終的な僕の結論である。

 

自分の欲は満たされるけど、逆にいうとそれだけで、ドラマがない。

紆余曲折がない。無味乾燥とした世界だ。

アポの帰り道、虚無感がすごい。

 

もともとマッチングアプリで彼女作るとか、ましてや結婚なんて、どんなに美人で可愛くてもまったくありえないと思っている人間なので、そうじゃない人は違うのかもしれないけどね。

 

まとめ

いかがだっただろうか。興味がある人は、是非一度お試しあれ。

▼恋もナンパも全てテクノロジーが勝利する▼