筋トレ×ナンパ論

筋トレとナンパの総合情報メディア

シリアスマスとは?その味と効果について

増量期の皆さん、こんにちは。

バルクアップ、順調ですか?

 

マッチョなボディを目指すためには、まずはとにかく食べて、多少の脂肪がつくこと恐れずに、体重を増やすことができるかどうかが肝なのは皆さんご存知のとおりです。

 

そこから適切にしぼって減量すれば、誰もがうらやむボディの完成です。

 

そのファーストステップである「増量」がなかなかうまくいかない方にぴったりなのが、こちらです。

http://3.bp.blogspot.com/_eZArZtvig4g/TKD2jEiH0gI/AAAAAAAAAAo/KZ99bSRxZJM/s1600/serious-mass.jpg

そうです。シリアスマスです。

 

いわゆるウェイトゲイナーですね。

ただ、シリアスマスって聞いたことあるけど、どんな味するの?ほんとに効果あるの?という人も多いと思います。

 

今回はシリアスマスの味と効果について、ご紹介します。

 

そもそもシリアスマスとは

味と効果について言及する前に、簡単にシリアスマスそのものの特徴について述べます。

 

ウェイトゲイナーの一種

プロテインとはまた別の種類のサプリメントです。ご注意ください。

 

ウェイトゲイナーはその名の通り【ウェイト(体重)をゲイン(増やす)する】、増量を目的としたものです。

 

その為、タンパク質だけでなく、大量の糖質が含まれています。

糖質は、言わずもがな米とか、パンとかのことですよね。

 

筋肉を大きくするためには、タンパク質だけでなく、この糖質も積極的に摂取している必要があるのですが、そんなに米をたくさん食べられない!とか、食べても食べても体が大きくならない!と言った人のために、作られたのが手軽に糖質を大量に摂取できるウェイトゲイナーなのです。

 

成分表を見てみよう

というわけで、実際にシリアスマスの成分表を見てみましょう。

http://www.thesupplementality.com/wp-content/uploads/2014/05/serious-mass-2.7kg-facts.jpg

おわかりいただけるだろうか。。

なんと、1サービング(334g)で1,250カロリーを摂取することができるのです。

 

ほんと海外サプリは成分表がイカれた表記になりがちですね。

 

カーボ(糖質)が252gですからね。どうなっているのかと。

 

ちなみに、タンパク質は50g、脂質はわずか4.5gとなっています。

 

自分が飲もうと思った理由

僕は、ハードゲイナー(食べても食べても太れない人)かと言われると、実はそうでもありません。

 

むしろ体重は増えやすいかも。

 

だけど、増量期の悩みとして、脂肪がつきすぎちゃう、ということがありました。

お腹もそうだし、特に顔とか。

 

なので、なるべく脂質をカットしたいって思いがあったのです。

 

そこでシリアスマスでした。余分な脂質はとらずに、摂取カロリーを増やす。

願ったり叶ったりな商品だったわけです。

 

シリアスマスはどんな味?

そんなこんなでポチったシリアスマス。続いて実際にどんな味がするのかご紹介します。

 

甘い

甘い。めっちゃ甘い。

 

わりかしさっぱりした味で定評があるオプチマムニュートリション社製の商品ですが、とても甘く感じます。

 

まぁただ甘いのは個人的に好きでしたし、味自体はチョコレートドリンクっていう感じで美味しいです。

 

「味」という観点では◎ですね。しかし…後述する点にやや難ありかと思ってます。

 

どろどろしてる

実際に届いて、封を開けていただくとわかると思うのですが、もともとはいっている計量カップがありえないくらいでかいです。

 

それもそのはず、推奨の1サービングが334gですからね。

 

そういうわけで、多めの水でシェイクして、溶け切った状態にしたんですが、かーなりどろどろしたドリンクが出来上がります。

 

ほんとに溶かして液状にした炭水化物を、チョコ味にして飲んでいるイメージ。

 

このどろどろ感だけは個人的には苦手でした。

 

でも、飲んで一口目で確信しましたよ。

これは、太るなと笑。

 

なので、最初は1/2サービングで飲んでいくのも、いいかもしれません。それでも600カロリーはありますからね笑

 

効果はあるのか

取り入れた当初はリアルに、1ヶ月で3kg増えました。

なので、結論増量効果は間違いないです。

(というかあのマクロ栄養素なので当然っちゃ当然ですが)

 

また、特筆すべきは、やはりそこまで脂肪をつけすぎずに太れたということですかね。クリーンバルクとまではいきませんが、満足行く形(見た目)でバルクアップすることができました。

 

期待通りの効果が見込める商品だと感じています。 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いくら脂質が少ないとは言え、当然ハイパー高カロリーなのできちんと並行してハードにトレーニングを行わないと、ただの豚になります。

 

要は、取り入れ方のバランスが大事ですね。

 

自分が将来なりたい体と、現状のコンディション、そして体質をよーく考えて、取り入れるかどうかの判断をしていきましょう。