筋トレ×ナンパ論

男として生まれたからには、為さねばならぬことがある

ウルフオブウォールストリートを観た感想。実話に基づいた、ナンパ師へ薦めたい映画

もし日々ピックアップに勤しむ皆様の中で、まだ観たことがないという方がいらっしゃれば、是非とも観てほしいオススメの映画があります。

 

それがそう、「ウルフオブウォールストリート」です。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uUHm4vlgL.jpg

 

 

賛否両論ある(ほとんど否定的な意見笑?)本作ですが、僕はこの作品が大好きです。

 

なぜならば、すさまじく、見事なまでに「男」を体現した映画だと思うからです。

 

女性と金に対する強欲、その先に訪れる狂喜、狂乱。人間男として生まれたからには、これくらい一直線にほしいものを手にしたいと強く思い、そして手にするべきだな、と。

 

誤解しないで頂きたいのは、もちろん単純に主人公であるジョーダンベルフォートの生き方に憧れを持ち、彼のようになりたいというわけではありません。

彼は悪事を働いた、犯罪者であることに違いはありませんからね。

 

ただ、程度の差こそあれ、ナンパをしている皆様であれば、少なからずジョーダンベルフォートのマインドセットに魅了されると思ってます。

なぜなら彼は男性が欲しいもの全てを手にしていたから。

 

前置きが長くなりましたが、今回はウルフオブウォールストリートをご紹介します。

観たらきっと、ナンパと仕事にフルコミットしたくなること請け合いですよ。

 

ウルフオブウォールストリートのあらすじ

まずは簡単にあらすじをご紹介しましょう。

映画.comより抜粋します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン(レオナルド・ディカプリオ)は、学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新な発想と巧みな話術で瞬く間になりあがっていく。

 

26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドルを稼ぐようになったジョーダンは、常識外れな金遣いの粗さで世間を驚かせる。全てを手に入れ「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになったジョーダンだったが、その行く末には想像を絶する破滅が待ち受けていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

主人公をジョーダンベルフォートを演じるのはレオナルド・ディカプリオ。

これがまたかっこいいんですね。スーツがばっちり似合いすぎてます。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/5e6/1864267/20140207_713339.jpg

要はざっくりいうと、ウォール街の金融戦争に身一つで飛び込んだジョーダンが、あれよあれよと成り上がり、大金を手にし派手に(それはもう想像を絶するほど)遊びに遊びまくって、ドラッグもバンバン使って最終的に破滅するお話です笑。

 

なんとなく察しがつくかと思いますが、全編にわたってセックスシーンのオンパレードかつ女性受けは史上最悪レベルの映画なので、アポで一緒に観るのは避けた方が無難です。

 

 

ナンパ、あるいは私生活に活かそう

さて、本作から我々は何を学び、どう行動に活かせるのでしょうか。

まとめてみました。

 

◇圧倒的アルファ感を勉強しよう

主人公であるジョーダンはまさにアルファメイルそのものです。

(アルファメイル?という方はググってみてください)

 

冒頭シーンの若かりし頃は、あまりその片鱗を感じられませんが、ビジネスが成功していくにつれて表情や言動、振る舞いの一つ一つが自信に満ち溢れていきます。

 

雄としての頂点、絶対的なカリスマ性。

それを手にするには相応の成功体験が必要なのかもしれませんが、見習いたいですね。

 

◇巧みな話術を身に付けよう

作品中、ジョーダンは鮮やかな話術で顧客から契約を獲得しまくります。

いわゆる「クロージング」に重きをおいた手法で、自らの部下にもその伝家の宝刀を伝授し、会社を瞬く間に発展させていきます。

 

言わずもがな、「クロージング」は営業も、恋愛も同じくらい重要です。

というかもうめちゃくちゃ重要なのは皆さんご存知の通り。

 

ジョーダンばりのクロージングスキルを身につけて、成果をあげましょう。

 

◇風俗はダメ、絶対

ジョーダンは金にものを言わせ、売春婦をこれでもかと言わんばかりに呼びまくります。僕が、この映画の中で唯一嫌いな部分です。

 

せめて金にものを言わせ、一般女性にモテまくりであってほしかった。

 

我々の界隈でも風俗がタブーなのは常識ですよね。

あそこは非モテの巣窟なのです。

 

◇本能を爆発させよう

観たら分かると思いますが、ジョーダンはとにかく「欲」に素直な男です。

歯止めがききません。

したいと思ったことをする、言いたいと思ったことを言う、欲しいと思ったものを全て買う。

 

我々ももっと、本能のままに生きてみるべきだと思ってます。

周りの目なんて気にせず、一生どんちゃん楽しく生きていきたいですよね。

もちろん犯罪に手を出すのはNGですよ。

 

まぁでもナンパしてる人たちは、理由はいろいろあれど、一般人より多少なり欲深いのかなって感じます。僕含め。

だからきっと、ジョーダンのマインドセットには共感できる部分があるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。まだ観てないという方は是非、トライしてみてください。

(約3時間の長丁場です)