筋トレ×ナンパ論

男として生まれたからには、為さねばならぬことがある

「筋トレが最強のソリューションである」を読んだ感想。正直あまり面白くなかった

これは読んでおかなきゃという本がありました。Testosterone著の「筋トレが最強のソリューションである:マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」です。
 

https://haishin.ebookjapan.jp/contents/thumb/l/X3100018087061.jpg

 
題名からして、まさにその通りとは思ってはいたので、期待度も高かったのだけれど、正直内容はいまいちであまりオススメはしません。
 
 

書き方が好きなタイプじゃない

そこ?って感じかもしれないですが、この本あれなんですよ、ほぼ全編にわたって「格言」+それを説明する数行形式にて展開されているんです。「?」って感じだと思うので、実際にいくつか例を。(すみません引用させていただきます)
 
ーーーーーーーーーー
 
◇マッチョはジム以外でも必ず成功できる
マッチョには栄養学や筋トレの知識、それらを踏まえ緻密なプランを作成する計画力、忙しい中でもプランを遂行する実行力、誘惑に惑わされない意志力が備わっている。ストレス耐性もあり健康で力も強く頭も良く勤勉。できる男の資質をすべて兼ね備えている。筋肉以外にも少し目を向けろ。絶対に成功する。
 
◇ベンチ180㎏はTOEIC満点よりも価値がある
肌感覚だけど、ベンチプレス180㎏、スクワット200㎏、デッドリフト220㎏はTOEIC満点よりも価値があるよ。グローバルに働きたいなら黙って筋トレ。アメリカの企業役員、筋トレ大好きなおっさんばかりなんだけど筋トレ好き同士で話し出すと誰もついてこれない。筋トレは一つの言語。
 
ーーーーーーーーーー
 
こういうのが延々と並んでいるイメージです。
 
こういうタイプの本はなんで?っていう説明が深くなされにくいので、とかく内容が薄っぺらくなりがちです。マインドとして持っておくことも重要ですけど、論理的でなければ自分にもしっくり来なくて、得た知識が血となり肉になりにくいですよね。
 
そういう意味では正直ただのエンターテイメント本だと思っています。書店で実際に手にとって、パラパラ見てから買えばよかったんですが、あいにく電子版にてろくにレビューも見ずに買ってしまったのは失敗でした。
 
著者はTwitterもやられていると思いますが、正直本作はTwitterのネタを纏めているだけに見受けられるので、むしろTwitterを読んだ方がマシだと思っています。
 
 

 

筆者の生い立ちとか、日々の食事・筋トレメニューの方が気になる

冒頭、プロローグとして触れられていますが、筆者は普通ではない経歴の持ち主のようです。
 
高校から単身渡米し、UFC(総合格闘技)の舞台で活躍した経験もあり、現在は27才の若さでありながら企業の経営者。むしろどうやってここまで登りつめたのか、そちらの方が気になります。
 
もちろん登りつめるためのマインドが散りばめられているのが本書なのでしょうが、先ほど述べたとおりやはり具体性に欠けます。
 
きっと一般人とはかけ離れた人生経験をされてきていることでしょうから(=他の誰にも真似できないストーリー)、ぜひそれを題材にし、その過程で「筋トレが最強のソリューションである」というマインドがどう醸成されたのか、どう場面毎の判断に活きていたのかを知りたかったですね。
 
気になる方はこちらからどうぞ。
筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法
  by カエレバ