筋トレ×ナンパ論

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレ×ナンパ論

アラサー会社員が、明日使える筋トレ・ナンパtipsを紹介します。

ナンパしてみたい人にオススメの都内クラブ3選

 

クラブへ行きたいけどどこがいいの?という方にオススメのクラブを紹介します。

 目次

 1. MUSE

muse-web.com

【特徴】

入場時は本確と名刺が必要

入場する際に名刺の提示を求められます。かなりタイトです。行く際はお忘れなく。

 

地下のソファーに座れる

MUSE最大の特徴であり、これがある為に行っている人、美味しい思いをした人がたくさんいるのではないでしょうか。と、勝手に思っているほどです。

通常のクラブでは基本的にソファーでしっかり座れるのはVIPのみですが、MUSEの地下フロア―にはソファースペースがあり、基本的には誰でも座れます。

イチャイチャできます。

 

戦略は?

上フロアで声かけしてソファーに行くのが王道。上ではバーカウンター付近はあまりうるさくもないし、友達とはぐれた子がたまにうろうろしているので良いです。

 

2. V2 TOKYO

V² TOKYO ヴィースクウェア東京・六本木

【特徴】

週末は長蛇の列

もはや名物ですが、週末は受付前に入場を待つ男性陣の長蛇の列が形成されます。なめてはいけません、本気で1時間くらい待ったりします。並びたくない人は0時前後には行くことをオススメします。たまーに律義に並ぶ日本人を差し置いて外人がブーブー言ってます。

 

素敵フロア

無事に受付を済ませると、珍しくエレベーターに乗ります。11階に下り、お金を払うと全面ガラス張りの素敵フロアが広がります。MUSEほど広くないですが、雰囲気がとてもいいです。

 

戦略は?

ナンパ的にはMUSEより難度は高めです。なぜならば男女ともにハイスペックが多いからです。ただ本当に綺麗な子は多いです。初めはあんまり慣れてなさそうな子を狙い、窓際でお話するのが良いかもしれません。

一方で最近はセキュリティが厳しいという声もあるので、あまり目立ったナンパ行為はしないようにしましょう。そもそもどこのクラブもナンパは推奨していませんからね。

 

3. ATOM TOKYO

ATOM TOKYO - 東京・渋谷のクラブ

【特徴】

リーズナブルプライスと好立地

0時前に行くと1,500円で入れます。お財布に優しいです。更に道玄坂のど真ん中にあるので、その後の展開が非常に楽です。

 

まさに"渋谷"

お客さんの層としては、男女ともに三代目みたいな人が多いです。強めです(もちろん普通の人もいます)。逆にいうとそういう人がモテる傾向にあるため、BITTERとか読んでるし白パン・グラサン大好きな人はぜひ行ってみましょう。

 

戦略は?

お話するのであればやはり一番下のヒップホップが流れる洞窟みたいなフロアでしょうか。階段降りるとすぐカウンターがあり、比較的和みやすい場所と認識しています。

 

 

とりあえず、初めていくメンズは上記3つのうちどれかに行けば間違いないです。楽しいナイトライフを!!